Skip to content

青森愛

10年ほど前、会社の事例で急遽青森に転勤になった。
それからずっと暮らしているのですが、第2の故郷という感じで、とても愛着のある都市になってしまったのである。
むしろ青森の方が居心地が良いようにさえ感じる。
なぜかというと、この土地の人柄、そして何と言っても食べ物がとても美味しい。
私の好きな濃い味で、本当に合っていると思う。
ラーメンなんかは特にそれが言える。節系の濃い醤油ラーメン、めちゃくちゃ辛いが海鮮類の甘みが上手いラーメンとか、あっさりも美味しい。

そして本題の風俗が安い。
こんな事は大の大人がブログででも言ってはいけないと思うが、全国的にみても料金が安いのではないだろうか?
しかし安いからと言って侮ってはいけない。
女の子のレベルも高いのである。安くて可愛いなんて本当に願ったり叶ったりなわけなんだが、青森の風俗文化は相当面白い。

転勤でやって来た当初は津軽弁の意味が全く分からず、あまり馴染めなかったのだが、今では結構様になって来たようで、たまに実家へと帰ると、「訛ってるね〜」なんて言われてしまう始末。
いっそこのまま青森へ身を捧げてしまおうか・・・。なんて思っていたりする。

海産物はまずい訳がないし、山の物もめちゃくちゃ上手い。
なんというか、味付けのセンスもいいんだと思う。

かなりべた褒めしてしまったが本当のことだらしょうがない。

恥ずかしい話、風俗はかなりの頻度で通っている。
風俗といっても青森の風俗はデリヘルしかないが・・・。
毎月1回は利用している計算になる。多いときは2回利用することもあり、財布はいつも軽い状態・・・。
なんとかしてお金を捻出しているが、なかなか難しいのが現状だ。

具体的に何が良いかというと、先に述べた通り料金だ。そして女の子の性格がみんな良い。きっつい性格の子はあまりいないように感じる。
なので恋人のような、まったりプレイが好きな人は天国だと思う。
青森の訛りもプラスされて、アットホームと言えば良いのか、フレンドリーと言えば良いのかわからないが、とにかくプレイ中楽しいのだ。
なんだかこの記事を書いている時点でデリヘルを呼びたくなってきてしまった(笑)股間がムズムズしてくる。

こういう時の鉄則は、

「急いだら負け」

デリヘル選びで急いでしまったら高確率でブスな子が来ると思う。
10年もデリヘルを使うと分かってくる事だが、、急ぐと視野が狭くなり「この子しかいない!」となってしまうのだ。
他にもっと良い子がいるのに、焦ってしまったがために普段なら呼ばない子を選択してしまう恐れがある。

しかし駄目だと思ってはいても、なかなか難しいのが人間です。
私も何度失敗したか分からないが、こういう時こそ落ち着かないと痛い目を見ることになる。

という事で、吟味に吟味を重ねて女の子を今予約したので、次の記事で感想を書こうと思う。

Published in未分類

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です